世田谷自然食品で若さを保つ│健康になるため活用しよう

婦人

妊娠した時に多い症状

頭を押さえる男性

女性は、妊娠をした時に鉄欠乏性貧血にかかる人は多くいます。統計によると、およそ妊娠中の女性の6割以上が悩まされると言う事です。なぜ妊娠時に貧血になるかというと、お腹の胎児は母親の血液から酸素や栄養をもらうからです。その為に、母親は自分と胎児用の血液を全身に送っていることになります。しかし、妊娠とともに栄養を運ぶ赤血球自体が増えるわけではないです。そのため、血液が胎児に届く分、母親は鉄分が不足した状態になりやすいのです。よって、貧血が生じやすくなります。鉄欠乏性貧血になると、めまい、息切れを感じやすい、体が重いなどの症状が起こります。それと、日常的に疲れやすさを感じたり、急に過呼吸のような息苦しい症状が起こります。なので、すぐに医師に相談して治療をしたほうが良いです。

鉄欠乏性貧血は、血中で鉄分から作られるヘモグロビンが不足した状態です。そのため、症状の回復には、ヘモグロビンを作るたんぱく質と鉄を摂取する事が大事です。たとえば、カツオ、キハダマグロ、牛乳、豚肉にはたくさんのたんぱく質があります。そして、ほうれん草、柿、レバーには豊富な鉄分が含まれています。これらの食品を日常的に食べる事で、血中のヘモグロビンの生成量が増えます。よって、妊娠時の鉄欠乏性貧血の解消に繋がります。それと、鉄分というのは、いくら多量に摂取しても体に吸収されにくい性質があります。しかし、ビタミンCを食事で一緒に摂ることで、鉄の体への吸収を助けてくれます。なので、キウイ、イチゴ等のビタミンCが多い食品も食べるように心掛けるといいです。